銀行ローン返済不能、from 借金転落パンダ

銀行ローン残金732万円。事業資金で借入した1,000万円が返済不能、破綻しました。


事業破綻、銀行ローン返済不能に

保証協会への月々の返済額、何と月1万円で決定。元本完済まで60年以上掛かります。

投稿日:2017年3月27日 更新日:

保証協会への返済額

今後の返済について 保証協会 の担当者と面談

先日、 保証協会 の担当者から電話があり、

「代位弁済手続の終了によって今後の返済先は保証協会になりました。つきましては、一度お会いして今後の返済について話し合いたい。」

との事でしたので本日保証協会に行ってきました。

商工会議所のビルのワンフロアで綺麗なオフィスでした。

ドアを開けて入ると受付のおばさんが丁寧に応接室に案内してくれました。

保証協会の担当者とは以前お会いして話をしたことがあり、イメージ的には非常にソフトで物腰の柔らかい印象を受けましたが、受付のおばさんも同様に腰が低く、フロアにいる保証協会の職員も「いらっしゃいませ」と出迎えてくれるなど、借金している身からするとこの丁寧さに逆に恐縮してしまいました。

なんだか債権者というよりパンダがお客様のような扱いでした。

保証協会に来るまでは、パンダはやっぱり借入金を延滞しているブラックな債務者だから保証協会もある程度高圧的に返済を迫ってくると思っていました。

まぁ、高圧的に言われてもパンダとしては現在借金を返すどころかどうやって生きていくかを考えているような状態ですので、ひたすらコメツキバッタのように腰を低くして月々の返済額を少なくしてもらう様にお願いするしかないな~と考えていました。

しばらくして以前お会いした担当者が入ってきましたが、以前お会いした時のように物腰の柔らかい態度で「お世話になります」と頭を下げられました。

なんだか狐につままれたような奇妙な感じでこっちが恐縮してしまいました。

代位弁済になってお世話になっているのはパンダですので・・

パンダ「この度はご迷惑をお掛けしました。」

担当者「いえ、そんなことはございません。ご足労頂きありがとうございます。どうぞお掛けください。」

なんか、チンプンカンプンな感じがしてしまいました。

まさかブラック債務者のパンダが頭を下げられるとは思いませんでした。

丁度その時に案内してくれたおばちゃんが、お茶まで持ってきてくれました。

・・・まるでイメージと違う。

今後の返済についての話はわずか5分で終わりました

担当者「今後の返済について月々幾ら位なら返済が可能ですか?」

パンダ「事業を再生しようと日々作業をしていますが、正直言って収入もない状態です。できましたら以前銀行に返済していた時の月々の金利1万~1万5千円程度でお願いできますでしょうか。」

担当者「無理して返済計画をたてられても返済が続かなければ意味がないので、1万円程度でしたら大丈夫でしょうか?」

パンダ「1万円で可能なら、非常に助かります。」

担当者「では1万円で考えましょう。ですが、私一人の一存では決められませんので正式な決定結果は連絡します。」

これはもう99%、1万円で決定でしょう。

その後は返済方法の選択、郵便局での払い込みか銀行振り込みか。

払い込む期日(返済日)はいつかの話でした。

銀行振り込みは手数料がかかるので郵便局での支払いを希望すると、払込取扱票を1年分くれました。

返済日は15日にしてもらいました。

あとは雑談で10分程度時間をつぶしました。

しかし、740万円近くの借金を月々1万円で返済すると、元本だけで60年以上かかりますし、おまけに延滞金として年間14.6%掛かります。

これはこのままだと永遠に借金はなくなりませんね。

ただ、延滞金は月々キチンと返済し、元本を完済すれば減免や減額の交渉の余地があるとのことでした。

釘をさされたのは月々の15日の返済が滞りそうなら事前に連絡することや、支払が滞り連絡などが取れなくなると延滞金の減額はされないことでした。

また、1年に1回は面談をして返済額についての話し合いが必要とのことです。

パンダにとっては、とりあえず月々の返済額が1万円という金額で話が出来たことがありがたいです。(ほぼ決定だと思いますが、まだわかりません。)

保証協会さん、ご丁寧にありがとうございます。

なんとか盛り返して返済したいと思います。

後日正式決定の電話がありましたが・・・

後日、保証協会の担当者から2回電話連絡がありました。

1回目はこれまでの収入額と家内の収入の確認でした。

これまでのパンダの大体の収入と、家内はパンダの扶養に入っていると伝えました。

2回目は正式決定の電話でした。

ただし、条件付きで、半年後にもう一度面談したいとのことでした。

-事業破綻、銀行ローン返済不能に
-,

パンダ 日本海山陰の鮮魚/干物通販

関連記事

ローン滞納後、最初の銀行員訪問

前回までのお話。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2016年11月21日、保証協会付き1,000万円、返済期間5年の約定返済167,00 …

続きを読む

保証協会と銀行との三者面談

ローン滞納後、銀行員、信用保証協会の職員、パンダの三者面談

  前回の記事、「ローン滞納後、2度目の銀行員訪問」で11月24日に銀行員さんが2名来られて、話が平行線をたどり結論がでないままで終わりました。 銀行員さんもご丁寧な対応で申し訳なく思ってお …

続きを読む

ローン滞納後、借入先銀行の支店長の2度の訪問

11月30日に銀行、信用保証協会、パンダの3者で話し合い、今後の方針が決定しました。 銀行との話し合いは終わりにし、信用保証協会に代位弁済をお願いし保証協会に返済を開始する。 前回の記事、ローン滞納後 …

続きを読む

「期限の利益喪失」、内容証明郵便が届きました

借入先地方銀行から「繰上償還請求書」が内容証明で届きました

地方銀行からの元本一括返済の請求「繰上償還請求書」 「期限の利益喪失」による最終的な催告 パンダが11月に銀行からの融資返済が出来なくなってから2か月がたちました。 表向きには何も進展していないような …

続きを読む

相殺通知書

返済不能になった地方銀行から「相殺通知書」なるものが届きました

地方銀行から「相殺通知書」なるものが内容証明郵便にて送付されてきました 昨日、パンダ個人宛と破綻した法人宛てに借入金が返済不能になった地方銀行から「相殺通知書」なるものが内容証明郵便で送付されてきまし …

続きを読む

プロフィール



転落パンダと言います。
法人成りしてわずか1年半で破綻して、おまけに銀行ローンだけが残ってしまいました。
この早すぎる展開に正直戸惑っています。

なんとも情けない話ですが、再起を目指して頑張って行こうと思っています。

カテゴリー