銀行ローン返済不能、from 借金転落パンダ

銀行ローン残金732万円。事業資金で借入した1,000万円が返済不能、破綻しました。


お金を借りるということ

住宅ローンのリスケに潜む大きな副作用 その2

投稿日:2017年10月25日 更新日:

住宅ローンを払えなくなる人に多いのは、頭金を用意せずに家を購入する人

住宅ローンでリスケを避けるためには借りる時点から用心深くするしかありません。

家を購入し住宅ローンを組む際に頭金が用意できないのは、それまでの生活の過程で貯蓄が出来る家計の遣り繰りや余裕がないということです。

あるいは、収入に見合った消費生活が出来ていない、計画性の無い人と言えるでしょう。

生活に余裕がなく貯蓄が出来ない人が思わぬリストラや収入の減少時、物入りの時に住宅ローンの返済が出来なくなる可能性が高いという事です。

また、もし住宅ローンの返済が出来なくなった場合のことを考えても、頭金を払っておく重要性はとても高いです。

当然ながら購入する住宅の価格には業者の利益や販売コストが上乗せされています。

 

-お金を借りるということ

パンダ

関連記事

銀行カードローン-絶対にお金を借りれる

本当にお金が必要なら、絶対にお金を借りれる。その方法

本当に必要なお金は絶対に借りれる 「お金は絶対に借りることが出来る」こんなことを書いてしまうと誤解を受けて当然だと思います。 なぜなら、銀行カードローンや消費者金融を借りる際に、金融会社としての審査、 …

続きを読む

ショッピングリボから多重債務者が生まれる危険性

多重債務者の温床、総量規制対象外のショッピングリボ

以前の記事でリボ払いの金利を調べてその高さと、延々と借金が減らないシステムに驚愕しました。 ショッピングリボ払いは総量規制対象外 しかも、調べてみるとショッピングリボ払いは割賦販売法の対象で、貸金業法 …

続きを読む

お金を借りる-正規の方法では借入できない

お金を借りるって怖い。日掛け金融方式のヤミ金

日掛け金融業者とは 日掛け金融業者とは商店や会社にのみ貸し付け、返済期間は100日以上。 返済金を返済期間の2分の1以上の日数にわたり、貸付金の相手方の営業場所まで貸金業者が自ら直接取り立てに行くとい …

続きを読む

多重債務者は大きく減っている

多重債務者問題、改正貸金業法の施行で確実に改善しています

多重債務者は改正貸金業法の施行で減っているのか? 改正貸金業法が平成22年に施行されたのはご存知のことだと思います。 法改正の目的は社会問題化した多重債務問題を解消する為でした。 改正以前の貸金業規制 …

続きを読む

銀行カードローン滞納-「ソフトヤミ金」の顧客は多重債務者

「ソフトヤミ金」、進化した闇金の巧妙な手法

年収の3分の1以上の借入を制限する総量規制と上限金利の引下げが柱である貸金業法の改正が決定してからさかんに言われていたのが、 多重債務者が最終的に頼るのは「ヤミ金」であり、今後ヤミ金を利用する利用者が …

続きを読む

プロフィール



転落パンダと言います。
法人成りしてわずか1年半で破綻して、おまけに銀行ローンだけが残ってしまいました。
この早すぎる展開に正直戸惑っています。

なんとも情けない話ですが、再起を目指して頑張って行こうと思っています。

カテゴリー