銀行ローン返済不能、from 借金転落パンダ

銀行ローン残金732万円。事業資金で借入した1,000万円が返済不能、破綻しました。


日本政策金融公庫

自己資金と税金の滞納 過去の借入ー日本政策金融公庫 其の2

投稿日:2016年12月15日 更新日:

 

前回の記事、過去の借入ー日本政策金融公庫 其の1からの続きです。

担当者との面談

約束の日時に政策公庫の支店へ。
担当者は男性で年は35歳位でしょうか、まじめそうな方でした。

借入申込書・企業概要書・創業計画書を前に、担当者からの質問に答えます。
以前融資を受けた時の資料も担当者が用意していました。

パンダの職歴や経験、事業内容
何故500万円の融資が必要か?
融資を受けた場合、業績はどうなるか?
持ち家か?名義は?
家族のこと(特に妻の商売)

家の名義は妻になっていますが、伝えるとその場でPCで登記簿を検索し確認。

特に問題もなく淡々と進みましたが、通帳の残高が少しネックになったようです。

担当者:他にパンダさんの貯金はないですか?
パンダ:いいえ、他にはありません。その他のお金は全て妻に渡しています。
担当者:奥さんの通帳を見せて頂けないですか?
パンダ:妻は私にさえいくらあるか教えてくれない。難しいかも。

とのやりとりがありましたが特に強く聞かれる訳でもありませんでした。

また、無担保・保証人なしでの融資を希望していたのですが、 パンダは以前個人事業を廃業⇒再開しているので種別は【特別貸付】のうち【再チャレンジ支援融資】の融資条件が適用できるとのことでした。
特別貸付はお国の政策によって設けられた貸付制度で、普通貸付に比べ有利な条件になっています。

そんな感じで特に問題なく好感触でその日の面談は終わりました。
あえてネックを上げるとはやはり銀行通帳の自己資金でしょうか。

後日、私の事務所に訪問するとのことでした。
約1時間程度の面談でした。

担当者の来訪

後日担当者から日時の連絡がありました。
非常に丁寧で礼儀正しい人でした。

過去に2度利用しましたが、私の政策公庫の融資担当者への印象は、皆さん礼儀正しくて妙に女性っぽい感じでした。 別にオカマというわけではありませんが、線が細いイメージです。

私の知り合いが過去に政策公庫の融資の返済を延滞した際、非常に高圧的な態度を取られたらしく、 政策公庫の取立てはエグイと言っていましたが、部署が違うのでしょうか?

この電話の際に再度、他の通帳か妻の通帳をできれば見せて欲しいとのことでした。
ですが、当初の計画通り見せないことにします。
来訪は30分もかからずに終了しました。
実際に事業が行われているかの確認のみだと思われますが、軽い世間話程度でした。

通帳の件は、
「通帳は妻に貸してくれと言ったが、見せてくれない。
しかし、残高は十分あり今回の融資額の500万円以上の額があると言っていた」と、尻に敷かれている亭主っぽく説明しました。

一通り話をした後、今回申し込んだ500万円満額融資可能か聞いてみました。
担当者は「私の立場で言わせてもらうと大丈夫だと思います。しかし、私の独断で融資実行できる訳でなく、会議にかけて上の人間のOKをもらわないといけない。」
当然です。

結果は連絡しますとのことで、この日は終了。

結果は・・・

後日連絡ありました。

なんと、融資額200万円・・・・

500万円で申し込んで200万円って・・・これって負けですか?w

やはり、自己資金以上の融資は難しいようです。
担当者も減額の理由として自己資金の少なさを挙げていました。
その他は問題なさそうだったので、他の通帳なども提出していれば満額いけたと思います。

融資利率は3.5%、今から考えると高いですね。
返済方式は元金均等返済、返済期間は20回で据え置き2ヶ月のトータル22回です。

無担保・無保証人を選択した場合、基準金利にその分上乗せされた金利になります。
ですので、今回担保か保証人を付ければ、2%台の金利で借りれたことになります。

事務的な契約手続きを終えた後日、団体信用生命保険初年分7,100円、振込み手数料210円を引かれた、1,992,690円が口座に振り込まれていました。

融資を成功させるポイント

この時申し込みをして担当者が何を審査基準にしているか?をパンダが感じた点です。

・申込者の職歴・経験

再チャレンジ支援融資対象だったからでしょうか、職歴、経歴などを詳しく聞かれました。
今回、融資を行ったとして果たして上手くいくのか?という点でしょう。
成功の見込みのない事業に誰も融資はしません。
全く経験のない仕事を事業として立ち上げるので融資してくれと言っても説得力がありません。

・事業計画

融資実行された場合、どう資金を活用して業績を伸ばしていくかという事業計画をはっきり持っていること。

・自己資金

これが一番大きなポイントでしょう。
自己資金以上の融資は無理と考えておきましょう。

・税金を滞納していないこと

原資が税金なので税金滞納者は難しいようです。
申し込む前に完済しといた方が無難です。
上の4点を気を付ければ融資を受ける確率がかなり高くなると思います。

この時パンダは担保も保証人も無しでしたが、担保や保証人が用意出来るのであれば有利な条件で借り入れも可能だと思われます。

-日本政策金融公庫
-, , , ,

パンダ 日本海山陰の鮮魚/干物通販

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人信用情報でブラックでも借入可能 過去の借入ー日本政策金融公庫 其の3

前回の記事、過去の借入ー日本政策金融公庫 其の2の続きです。 何度も政策公庫にお世話になりましたが、パンダとしては悪い印象はありません。 ただ、当然ながら短所、長所はどんな金融機関でもあります。 いわ …

続きを読む

保証人不要、無担保で借入を試みる 過去の借入ー日本政策金融公庫 其の1

これまで何度も事業資金の融資を受けてきました。 事業を始めて3度目までは銀行ではなく、日本政策公庫で融資を受けました。 金額的には大した金額でもなく、困り果てた末に利用っていう訳でもなかったので、 2 …

続きを読む

破産パンダ

転落パンダと言います。 法人成りしてわずか1年半で破綻して、おまけに銀行ローンだけが残ってしまいました。 この早すぎる展開に正直戸惑っています。 なんとも情けない話ですが、再起を目指して頑張って行こうと思っています。

カテゴリー