銀行ローン返済不能、from 借金転落パンダ

銀行ローン残金732万円。事業資金で借入した1,000万円が返済不能、破綻しました。


事業破綻、銀行ローン返済不能に

年収240万円。e-taxで源泉徴収票等の法定調書の提出

投稿日:2017年1月16日 更新日:

銀行カードローン返済不能-e-tax、eLTAX

e-tax、eLTAXで年始の法人の申請手続き終了

毎年法人経営をしていると、税務署には法人の「給与所得の源泉徴収票等の法定調書」「所得税徴収高計算書」、地方自治体へは「給与支払報告書」「償却資産申告書」の提出の必要があります。

パンダの場合、源泉徴収に関しては納期の特例を受けておりますので、半年ごとに1回、半年分の源泉徴収税高を計算し納税しています。

ことしは7月から10月の法人休業までの役員報酬はありませんでしたので、納税額0円。

泣けてきますね。

 

うんざりしながら書類を作っておりましたが、先ほど税務署には「e-tax」で、地方自治体へは「eLTAX」を使っての電子申請が終わりました。

思えば、法人成りで法人登記申請、社会保険事務所への社会保険・厚生年金の申請、地方自治体への給与支払報告書や確定申告など、ほとんどすべての申請を電子申請で行ってきました。

便利な時代になりましたね。

パンダの場合、1年の途中で退職した形になりますので、年末調整をせず個人で確定申告しないと税金は返ってきません。

ですので、今年は法人の申告と個人の確定申告とのダブルで申告書を作らなければなりません。

3月~5月にかけての申告書作りを考えると心が萎えてきます。

いくら申請自体が電子申請になって便利といっても、決算報告書の作成や経理作業はパンダがやることですから、正直無申告でほったらかしにしたいくらいですが、今年が実質最後の企業活動があった内容の申告になるので、面倒ですがキッチリとしようと考えています。

ちなみに法人は休業になりましたが、確定申告自体は休業中でも必要です。

申告しなくても問題ないと聞きますが、確定申告で法人の赤字が繰り越しできますので、もし近い将来に再起できて儲かった場合、去年までの繰り越し損失を儲けから控除できますので、損失の繰り越しの為の申告だけはしとこうと思います。

法人税が安くなりますからね。

さて、果たしてパンダは再起できるんでしょうか。

なんと最終的には去年の年収240万円

役員報酬が40万円でしたので、半年分で240万円。

これってパンダが新卒で就職した時の1年目の年収よりも少ないです。

借金の残高は730万程度ありますので、税込み年収3年分以上になります。

これって年収に対しての借金の額から言うと、おそらく余裕で自己破産できる借金の額ですよね。

保証協会との交渉になりますが、1~2年間は月々の返済額は金利程度でなんとかお願いしようと考えています。

勝手にパンダが考えているだけで保証協会さんが納得してくれるかはわかりませんが、返済の意思があることを誠意をもって説明するつもりです。

その間になんとか事業を再建して全額返済へと持っていきたいと思っています。

実を言うと自己破産すると失ってしまう資格を持っていて、なるべくなら自己破産は避けたいという気持ちもあります。

ただ、その資格を生かしてお金儲けするのは困難です。

年収240万円なら国民年金免除になる?

年収240万円で扶養家族2人。

これって国民年金免除の対象になるんじゃないか?

と思い調べてみました。

保険料免除・納付猶予の所得の基準

1.全額免除

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

2.4分の3免除

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

3.半額免除

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

4.4分の1免除

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

5.納付猶予制度

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

パンダの年収が240万円、社会保険料は40万円程度払っていますので3.の半額免除にはなりそうですね。

確定申告すると生命保険控除、小規模企業共済の控除、地震・火災保険の控除、10月以降の任意継続協会けんぽ料、国民年金保険料でさらに所得が低くなりますので、ギリギリ4分の3免除になるかどうかですね~。

4分の3免除だと国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料が約16,000円ですから4,000円程度になりますね。

これだと大助かりです。

あとは、協会けんぽの任意継続を国民健康保険に変更して、月々の支払いを低くしていけそうです。

 

先日、妻が働きに出ると言ってきました。

 

なんか、生きていくのって大変ですね。

-事業破綻、銀行ローン返済不能に
-,

パンダ 日本海山陰の鮮魚/干物通販

関連記事

保証協会への返済額

保証協会への月々の返済額、何と月1万円で決定。元本完済まで60年以上掛かります。

今後の返済について保証協会の担当者と面談 先日、保証協会の担当者から電話があり、 「代位弁済手続の終了によって今後の返済先は保証協会になりました。つきましては、一度お会いして今後の返済について話し合い …

続きを読む

保証協会への返済が始まりました

月1万円、保証協会への返済が始まりました

保証協会への月1万円の返済が始まりました 先日第一回目の保証協会への返済を郵便局で済ませてきました。 毎月の支払い日は15日ですが、今後は支払忘れをしないためにも月の始めに支払することを心がけていこう …

続きを読む

「期限の利益喪失」、内容証明郵便が届きました

借入先地方銀行から「繰上償還請求書」が内容証明で届きました

地方銀行からの元本一括返済の請求「繰上償還請求書」 「期限の利益喪失」による最終的な催告 パンダが11月に銀行からの融資返済が出来なくなってから2か月がたちました。 表向きには何も進展していないような …

続きを読む

保証協会債権回収株式会社

「保証協会債権回収株式会社への委託にかかるご通知」の書類が到着

保証協会債権回収株式会社への求償権の委託 月々の返済金1万円を保証協会へと返済しています。 残金は740万円ほどありますので、元本の返済だけでも今のペースでは60年以上掛かります。 つまり、現実的には …

続きを読む

地方銀行からの借入金の月々の返済額、167,000円+利息のお金が引き落とし口座へ入金が出来ず、滞納が確実になりました。

その日から始まった転落ー銀行ローン延滞、返済不能、銀行からの督促電話

2016年11月21日、地方銀行からの借入金の月々の返済額、167,000円+利息のお金が引き落とし口座へ入金が出来ず、滞納が確実になりました。 事業資金で借入した1,000万円、1年少々返済してきま …

続きを読む

プロフィール



転落パンダと言います。
法人成りしてわずか1年半で破綻して、おまけに銀行ローンだけが残ってしまいました。
この早すぎる展開に正直戸惑っています。

なんとも情けない話ですが、再起を目指して頑張って行こうと思っています。

カテゴリー