銀行ローン返済不能、from 借金転落パンダ

銀行ローン残金732万円。事業資金で借入した1,000万円が返済不能、破綻しました。


お金を借りるということ

債務整理3つの方法、メリットとデメリット

投稿日:2017年1月6日 更新日:

銀行カードローン滞納-債務整理のデメリット

敷居が低くなった債務整理

以前は多額の借金を抱えた相談者が最後の最後に債務整理を行い、自己破産や個人再生などを行ってきました。

ですが最近では債務額100万円以下の人が、弁護士などに債務整理の手続きの相談に訪れるようになり、中には30万円程度でも債務整理を申し出る人がいるという。

正規雇用が減り収入が激減しているのが原因と、年収の3分の1以上の借入はできないという総量規制に引っ掛かる為である。

ただ、そういった切羽詰まって申し出る人に限って決まって「自己破産したいんですが」と相談に来るらしい。

確かに自己破産し免責されれば借金はゼロになりますが、住宅など財産をすべて差し出さなければなりません。

後ほど説明しますが、債務整理 = 「自己破産」ではありません。

債務整理には種類があり、それぞれに特徴があります。

借金減額という目的は同じですが、その債務整理の方法によって返済額やメリット、デメリットなどに大きな違いがあります。

 

債務整理の種類と特徴

債務整理の種類と特徴
任意整理 個人再生 自己破産
手続にかかる期間 約3~8ヶ月 裁判所への申し立てに約3~6ヶ月、申し立てから認可までに約6ヶ月 裁判所への申し立てに約2~4ヶ月、申し立てから免責までに約4ヶ月
借金の原因 不問 不問 ギャンブルなどは認められない可能性あり
借金の減額 金利を引き直したうえで、残った債務の金利が0%となり、3~5年の分割払いが可能 任意整理で得られる効果に加え、債務の大幅カットが可能 免責決定されれば借金はゼロ
持ち家を手放さず整理が可能か 可能 可能 不可能
借入が出来なくなる期間 約5~7年 約5~7年 約5~7年
官報などへの記載 信用情報機関に登録 信用情報機関に登録されるのに加え、官報公告にも掲載 信用情報機関に登録されるのに加え、官報公告にも掲載
費用 借入先1社につき3万~5万円程度 40万~60万程度 25万~35万円程度
職業による資格制限 なし なし 免責されるまでの間、企業の取締役、警備員、弁護士、生命保険募集員などには就けなくなる

 

1.裁判所に申し立て、免責を受けることで借金自体を免除してもらう「自己破産」

2.裁判所を通じて借金を5分の1、または100万円程度まで減額、残債無を基本的に3年で分割返済する「個人再生」

3.弁護士等に貸金業者との交渉を委任、利息の支払いを免除してもらい、原則として3~5年で分割払いする「任意整理」

上記の3つの方法が代表的です。

任意整理に関しては、グレーゾーン金利の廃止による過払い金の返還で返ってくる「過払い金」により返済額を減額させることができたり、借金自体がなくなる場合もあります。

 

債務整理のデメリット

まず、自己破産の場合ですが、借金の原因が問題になり、免責がおりずに借金がゼロにならない場合があります。

例えば、基本的にはギャンブルやFX、株式の売買が原因の場合は免責が認められません。

ただ、最近では1回目の自己破産ではギャンブルやFX、株式の売買により借金でもほぼ認められる傾向のようです。

また、住宅などの財産は手放すことが求められますし、免責が認められるまでは生命保険募集員や企業の取締役、弁護士、警備員などの職業には就けません。

また、信用情報機関に事故情報は記載されますので、5~7年はクレジットカードやカードローンを組むことは出来ません。

「自己破産」以外の「個人再生」「任意整理」では借金はなくなりません。

減額や元本になりますが、借金を返済し続けていく必要があり、返済が滞ると給与や資産の差し押さえの可能性もあります。

債務整理で「任意整理」を選んだ人の6~7割の人がその後の返済に失敗しているというデータもあります。

 

ですので、自分の債務の状況、収入等考えてまず弁護士などの専門家に相談してどの債務整理が自分に適しているのかを把握するのがまず第一です。

-お金を借りるということ
-, , ,

パンダ 日本海山陰の鮮魚/干物通販

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住宅ローン リスケに潜む副作用

住宅ローンのリスケに潜む大きな副作用

日本人の持ち家信仰と住宅ローン 「主人に死んでほしい。そうすれば生命保険で住宅ローンが完済できる。」 ローンに関する相談会で、60歳過ぎの女性の発言に場が凍り付いた。 発言の内容もさることながら、死ん …

続きを読む

「ショッピング枠を現金化」は違法行為

「クレジットカード、ショッピング枠を現金化」の怖さ

クレジットカード、ショッピング枠の現金化とは インターネットの広告で「クレジットカードのショッピング枠現金化」の文字を目にする機会が増えています。 では「クレジットカードのショッピング枠現金化」とはど …

続きを読む

元利定額リボルビング払いって借金無間地獄への一つの入り口

リボ払いの金利手数料の高さに驚愕した

事業性融資(保証協会保証付き)の借入をした際、金利が1.66%、保証料率0.47%でトータル年に2.13%を実質利息として支払う条件でした。 パンダはその他の借入などはしていないのと、クレジットカード …

続きを読む

商工ローン-保証人制度

保証人になって欲しい? 勘弁してください

教訓としては、もし友人などから「保証人になってほしい」とお願いされたときは、友人関係が崩れても断るべきです。 それに、身内を保証人にしていたら、救えるものも救えなくなりますから、やめることです。 いざ …

続きを読む

多重債務者は大きく減っている

多重債務者問題、改正貸金業法の施行で確実に改善しています

多重債務者は改正貸金業法の施行で減っているのか? 改正貸金業法が平成22年に施行されたのはご存知のことだと思います。 法改正の目的は社会問題化した多重債務問題を解消する為でした。 改正以前の貸金業規制 …

続きを読む

破産パンダ

転落パンダと言います。 法人成りしてわずか1年半で破綻して、おまけに銀行ローンだけが残ってしまいました。 この早すぎる展開に正直戸惑っています。 なんとも情けない話ですが、再起を目指して頑張って行こうと思っています。

カテゴリー