銀行ローン返済不能、from 借金転落パンダ

銀行ローン残金732万円。事業資金で借入した1,000万円が返済不能、破綻しました。


地元の信用金庫

低金利融資、税金滞納はご法度 過去の借入ー信用金庫経由、市の制度融資 其の2

投稿日:2016年12月16日 更新日:

前回の記事、過去の借入ー信用金庫経由、市の制度融資 其の1からの続きです。

商工会議所の職員がやってきた

新年明けて2週間くらいは信用金庫の担当者があいさつに来たくらいで進捗はありませんでしたが、13日に商工会議所の職員から電話があり面談したいとのこと。

信用金庫の担当者からある程度の話は聞いていたが、金融機関と商工会議所が市の通商課に審査会の開催を申請し、審査会で融資案件のプレゼンを行い、市側参加委員の融資決定を受けてはじめて融資実行になるという流れらしいです。

早速次の日に来訪。

事業内容や申込み内容、経歴の確認などでした。

この商工会議所の担当者が実際に審査会に提出する書類を作成し、プレゼンテーションを行うとのことでした。

確認の話はすぐに終わり地元の世間話をして終わりました。
地方都市だからかのんびりしたものです。

この担当者もほぼ問題なしと言っていましたが、市の審査会って出来レースなのか?

審査会前に信用金庫支店長と面談

審査会の日程が26日の火曜日。

その前の週に信金担当者から連絡があり、支店長との面談をお願いしますと言って来ました。

審査会に参加する信用金庫の代表として参加するのが支店長なので、あいさつも兼ねて申込み内容の再確認をしたいそうです。
さすがに事務所に来いとは言えないので、支店に伺いました。

担当者と支店長と応接室で面談。

挨拶から始まり支店長が疑問点を質問しパンダが返答する形で話は進み、30分程度で仕事の話は終わり後は世間話でした。

信用金庫だからでしょうか、非常に腰の低い応対でした。

地銀との顧客獲得競争では大幅に遅れをとっているので、小回りの効く信用金庫はサービスで勝負です・・・という内容のことをおっしゃっていました。

確かにマメな対応して頂きました。

まったく気分を害するようなことはなかったですね。

こちらこそ今後ともお願いしますという気持ちです。

もうここまで来ると99%融資可能と確信しました。

金融機関の支店長がわざわざ時間を作って審査落ちするような人間に会うなんてことはしないでしょう。

融資実行

審査会の日程が26日の火曜日だったのですが、当日に信金担当者から連絡ありました。

「パンダさん、審査通りました。お伺いして書類に印鑑等を・・・」

今回は政策公庫の時と違い不満はなしでしたね(笑

29日には諸費用引かれた金額が信用金庫の口座に振り込んでありました。

・融資利息
10,460円

・印紙代
12,200円

・信用保証料
297,000円

・差し引き
9,680,340円
今回は以前の政策公庫と違い、自分の情報の出し惜しみをしなかったことが勝因でしょうか。

今回窓口になった信用金庫は小規模企業共済の申込みをしたことがある位で、その他預金以外の取引はありませんでした。

とはいえ入出金の情報や貯金額は把握しているので、その点疑心暗鬼になっていた政策公庫との違いでしょうか。

ちなみに今回の借り入れは60回払い、元金均等返済方式、利率1.66%、無担保、無保証人です。
月々167,000 + 利息ですが、利率が1.66%と低金利なので、1ヶ月の利息は初回で13,000円程度です。

政策公庫が3.5%なので非常に有利な条件で借入できました。

しばらくして市の通商課から連絡があり、中小企業小口融資審査決定通知書が出来たので取りに来て欲しいと連絡がありました。

何の書類か解らなかったのですが、取りに行って来ました。

要は市の審査会であなたへの市の融資あっせんを決定しました、という通知書です。

あらためて、制度融資って多くの人が関わっているんだなと実感しました。

今回の制度融資を振り返って

正直言って以前の政策公庫の件があるので、ここまでなんの不満もなく借入できるとは思っていませんでした。

勝因はというとやはり、相手を説得できる事業計画とメインの取引店での申し込みでしょうか。

事業計画は融資の審査には非常に大きなウェイトを占めています。

誰も失敗する事業や人に融資をしようなんて思いません。 きっちり状況を把握しており、事業計画に信憑性があると思ってもらわないと融資実行の道が遠のきます。

メインの取引店での申し込みも非常に良かったと思います。

政策公庫の返済や小規模企業共済の支払いもこの信用金庫でやっていましたので、ある程度信用度が上がったと思います。

今回の中小企業小口融資の長所と短所を挙げてみました。

【長所】

・金利が低いこと

年利1.66%での融資なら借りなきゃ損っていうレベルです

・融資額が比較的大きいこと

ある程度の商売の実績があれば、政策公庫や民間の金融機関と比べて融資額が大きいです。

【短所】

・融資実行までに時間がかかること

今回の融資は申込みから振込みまで、2ヶ月弱かかりました。
直接税金を融資するわけではなく、金融機関に対して利子を補填するのが制度融資の特徴です。

当然利子補填の原資は税金になりますので、役所の審査等手続きが多いため融資実行までかなりの時間がかかります。

急いで資金が必要な場合には全く適していません。

・揃えなければいけない書類が多い

申込書や企業概要書はどんな金融機関でも必要でしょうが、保証協会への書類、残高試算表、印鑑証明書、所得証明書、納税証明書(市・県)、固定資産評価証明書等、 結構な証明書や書類を用意しました。

長所・短所を挙げましたが、煩わしい書類が多いことや融資実行まで時間が掛かっても、利率と融資額を考えるとやむないことだと思います。

多くの方が関わり、事業者を支援するために税金を使うわけですから、キッチリした審査をしないと納税者も納得しません。

今回制度融資の成り行きをレポートしましたが、こんな良くできた制度は積極的に利用するべきだと感じました。

税金の無駄遣いが大きく報道されますが、パンダ的にはこういったことにはもっと税金使っても良い様な気がします。

ちなみに、税金滞納者は融資を受けられません。

申し込むのであれば、税金滞納は綺麗にしましょう。

※尚、パンダが融資を受けてから結構時間が経っていますので、手続等変更点もあると思います。

ご利用をお考えの方は関係各所に確認してください。

-地元の信用金庫
-, ,

パンダ 日本海山陰の鮮魚/干物通販

関連記事

過去の借入ー信用金庫経由、市の制度融資 其の1 セーフティネット保証制度ではありません

  とりあえず、外部からの動きは銀行との話し合いも終わり3か月後と言われる、内容証明郵便での一括請求まで動きはないとおもいます。 あとは、パンダが今後どうやって生きていくか、また借金の返済を …

続きを読む

プロフィール



転落パンダと言います。
法人成りしてわずか1年半で破綻して、おまけに銀行ローンだけが残ってしまいました。
この早すぎる展開に正直戸惑っています。

なんとも情けない話ですが、再起を目指して頑張って行こうと思っています。

カテゴリー