銀行ローン返済不能、from 借金転落パンダ

銀行ローン残金732万円。事業資金で借入した1,000万円が返済不能、破綻しました。


事業破綻、銀行ローン返済不能に

ローン滞納後、2度目の銀行員訪問

投稿日:2016年11月24日 更新日:

前回の記事ローン滞納後、最初の銀行員訪問で11月22日に銀行員さんが2名来られて、現況報告、滞納の理由、保証協会の代位弁済をお願いしたこと、銀行からはすぐに代位弁済を考えるのではなく、その他の方法がありませんか?とのお話があったことを書きました。

私の中では既に保証協会の代位弁済ありきでしたので、銀行員さんも支店に帰り上司に報告→代位弁済への流れですんなりと事は運ぶと思っていました。

前回の訪問次の日が勤労感謝の日だったので、祝日をはさんだ11月24日に再度銀行員(支店長代理)さんから電話があり、お話がありますとの事で当日の夕方に当方の事務所で会うことになりました。

特にもう話すことはないのになぁ・・・

16時に当方の事務所で話し合い。来られたのは前回と同じく支店長代理と平の銀行員さん。

結論から言うと22日(前回)話した内容の繰り返しでした。
銀行さんからすると成績に大きく関係するのかよくわかりませんが、私よりかなり代位弁済を嫌がっていました。

銀行員「パンダさん。事業計画書の内容によっては当面金利相当の支払いでなんとかなるかもしれません。」

パンダ「いえ、私はいつ事業自体を再建できるのかわからないので、作文のような事業計画書をつくるつもりはありません。保証協会の代位弁済の手続をお願いします。」

1時間程お話したでしょうか?
結局お互いの主張を言い合うだけで平行線のまま、その日は終わりました。

なんか、疲れました。
何度も同じ話の繰り返しで・・・

これで銀行との話も終わりかなと思いましたが、まだまだ銀行さんとの話は続くのです。

げんなりです。

ローン滞納後、銀行員、信用保証協会の職員、パンダの三者面談

-事業破綻、銀行ローン返済不能に
-

パンダ 日本海山陰の鮮魚/干物通販

関連記事

保証協会と銀行との三者面談

ローン滞納後、銀行員、信用保証協会の職員、パンダの三者面談

  前回の記事、「ローン滞納後、2度目の銀行員訪問」で11月24日に銀行員さんが2名来られて、話が平行線をたどり結論がでないままで終わりました。 銀行員さんもご丁寧な対応で申し訳なく思ってお …

続きを読む

保証協会債権回収株式会社

「保証協会債権回収株式会社への委託にかかるご通知」の書類が到着

保証協会債権回収株式会社への求償権の委託 月々の返済金1万円を保証協会へと返済しています。 残金は740万円ほどありますので、元本の返済だけでも今のペースでは60年以上掛かります。 つまり、現実的には …

続きを読む

保証協会への返済が始まりました

月1万円、保証協会への返済が始まりました

保証協会への月1万円の返済が始まりました 先日第一回目の保証協会への返済を郵便局で済ませてきました。 毎月の支払い日は15日ですが、今後は支払忘れをしないためにも月の始めに支払することを心がけていこう …

続きを読む

「期限の利益喪失」、内容証明郵便が届きました

借入先地方銀行から「繰上償還請求書」が内容証明で届きました

地方銀行からの元本一括返済の請求「繰上償還請求書」 「期限の利益喪失」による最終的な催告 パンダが11月に銀行からの融資返済が出来なくなってから2か月がたちました。 表向きには何も進展していないような …

続きを読む

保証協会からの代位弁済実行通知書

保証協会から「代位弁済実行通知書」が届きました

保証協会からの「代位弁済実行通知書」 先日、返済不能になった地方銀行から「相殺通知書」が届き、凍結されていたパンダ個人と法人口座の残金が借入金残金から差し引かれたとの通知がありました。 昨日、今度は保 …

続きを読む

プロフィール



転落パンダと言います。
法人成りしてわずか1年半で破綻して、おまけに銀行ローンだけが残ってしまいました。
この早すぎる展開に正直戸惑っています。

なんとも情けない話ですが、再起を目指して頑張って行こうと思っています。

カテゴリー